トップページ >> ロストワックス製法とは

ロストワックス製法とは

ワックス(ロウ)で製品の精密な鋳型作り、金属を流し込む鋳造法をロストワックス製法と呼びます。 ロストワックス製法による鋳造は、複雑で精密な形の製品を作るのに最適な方法です。

用途は、ポンプ部品、バルブ部品、船舶部品、漁具、液体流動機器部品、食品加工機械部品、熱処理炉部品、建築金物、美術工芸品、ゴルフクラブ等、複雑な形状の物に適しています。